Note No.6

小説置場

「きらきら星のワルツ」

「きらきら星のワルツ」

あらすじ 幼い頃に両親を事故で亡くした少年は、親戚の家で暮らしている。辛く当たられているわけではないものの肩身は狭く、いつでも周囲に気を遣っていた。特に、祖母が亡くなってからは細心の注意を払って暮らしている。そんな中で、少年を気にかけて常に…