Note No.6

小説置場

「まつりばやしがきこえる」

あらすじ

夏祭りを控えた終業式の日、四人の少年は学校に居残りを命じられる。
能天気な少年、ツンケンした優等生、怪電波受信者、超マイペースの四人は、学校に閉じ込められて脱出を試みる。暗闇の中、それぞれの距離は否応なく近づいていく。
夏の夜、何でもない話をしていた。馬鹿みたいなくだらない話を、明日には忘れてしまいそうな話を。大事件が起きるわけでもないけれど、少しずつ関わりあってつながっていく。そうして過ごした、四人だけの宝物のような、秘密のような夜は過ぎる。

主要人物

園田義人(そのだ・よしと)
仁羽達樹(にわ・たつき
成島弘光(なるしま・ひろみつ)
遠山静(とおやま・しずか) 

本編

第一章 : 01 02 03 04 

第二章 : 01 02 03

第三章 : 01 02 03

第四章 : 01 02 03

第五章 : 01 02 03 04

第六章 : 01 02 03 04

第七章 : 01 02 03【完】


後日談「夏の声」01 02 03

小話

その他登場人物

尾西知恵(おにし・ちえ)
戸川美保(とがわ・みほ)
重原紀夫(しげはら・のりお)
遠山馨(とおやま・かおる)