読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Note No.6

小説置場

「Crossing Game」

「Crossing Game」

あらすじ

その国は4つの島から成っている。全てを統括するのは大司祭であり、教会が国を治めている。
いにしえの時代、教会が戴く神の御使いとして地上に遣わされた者たちは、血の契約者として人々を導いた。
御使いたちの末裔は、今もなお健在である。彼らは一様に、人ならざる能力を持っている。
体中を巡る命の枝葉、赤き河を自在に操る能力――御使いたちの末裔は、意思のままに血液を使役する能力を持っている。

御使いたちの末裔は五大貴族と呼ばれており、それぞれが島を治めている。
その中で、最も特異能力が発現し易く、しかし個体数が少ないため、絶滅危惧種に指定されている一族の、最後の当主にまつわる物語。

主要人物

ヴラドーゲイト・サラリア・ドー・クレイヨエル・ライッデルトニーヴェ
高知原由月(たかちはら・ゆづき)

シライト・ジクロ(白糸舳路)

宰人(さいと)
フィルシェロッツ
ノト
ルムジッテ・ノ・シトエイ
嘉蓉(かよう)
匡弥(きょうや)

小話


その他登場人物

燦華院織亜(さんげいん・おりあ)
日野神一陽(ひのかみ・いちよう)

ディマー・エネクラトゥ・バ・ブロトスタンデ・ワーキザイート
燦華院 有籠ノ宮 熈功 景義(さんげいんありかごのみやひろことかげよし)
ルアットフ・デン・ファンメルンシュア・テレマール・モーンストレゼイツ
オル・ハイマ・チヂノエ・ロイロ(凥 灰間 千々野江 絽色)

シキ・ストルド
斎人/イツキ
ー琉架(るか)
ー理都(りと)
ー封牙(ふうが)
清人/キヨラ
聖人/ヒジリ

資料

地理・地名