読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Note No.6

小説置場

「もしも、あしたが。」

長編―登場人物

あらすじ

ある朝駅のホームで電車を待っていると、突然手を引かれた。見れば、美少年が「僕と一緒に逃げてください」と告げる。なし崩し的に逃避行に巻き込まれた少女は、少年と共に何でもない時間を過ごすはずだった。
買い物をしてご飯を食べて、他愛ない話をして事件が起きて――。同じ時間を過ごす内に、少女は悟る。近づいた距離に、重なる符号に、相容れないはずの別世界で生きていたはずの二人が、自分にしかわからないと思っていた、胸の内のものを共に持っていることを確認する。何も解決にならないけれど。何も変わっていないけれど。それでも、あなたがうなずいてくれたから、明日の約束も出来るんですよ。

登場人物

久々野梓(くぐの・あずさ)
饗場谷弓弦(あえばや・ゆづる)