読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Note No.6

小説置場

「鈴原家の人々」

あらすじ

鈴原神社の五人息子は、近所で地味に有名人である。自由奔放・暴君タイプの長男に、面倒見の良いしっかり者の次男、野球に情熱を注ぐガキ大将三男、年齢とはかけ離れた落ち着きを持つ四男に、ちゃっかり者で甘え上手の五男。両親がいないながらも仲睦まじく、つましい生活を送っていた。しかし、ある時五人は自分たちの神社が奉るご神体の呪いを知る。予言された死を回避するべく、五人は行動を開始する。

登場人物

鈴原一理(すずはら・かずみち)
鈴原千里(すずはら・ちさと)
鈴原有理(すずはら・ありみち)
鈴原万里(すずはら・まさと)
鈴原真理(すずはら・まさみち)
野副宗明(のぞえ・むねあき)
七芝洋二郎(ななしば・ようじろう) 

習作