読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Note No.6

小説置場

「ナイターノイズ」

あらすじ

遺伝上のつながりのない親子関係が普通とされる近未来において、少年の両親は遺伝上・戸籍上ともに同一であった。ただ、母親は幼い頃に死亡し、唯一の肉親である父親は少年と関わりを持つことを避けていた。
家族のように一緒に育った幼馴染が、遺伝上の親に会うと決意したことから、少年の日常は回り出す。本来ならば対面用プログラムを終了してから面会するはずだったが、それよりも前に会いに行ってしまおうと、二人はこっそりと街を出た。道中同じ学校の人間と出会い、なし崩し的に共に行動することになる。
事件に巻き込まれながら無事に目的を果たして家に帰ったものの、少年には気がかりが生まれていた。どうやら自分の両親にも何らかの秘密があるらしい。幼馴染たちの協力を得ながら、少年は秘密を探り始め、自身の出生に隠された出来事を知っていく。

主要人物

外崎夜(そとざき・よる)
秋山裕高(あきやま・ゆたか)
秋山実乃里(あきやま・みのり)
直里奏斗(すぐり・なおと)
八重垣優々(やえがき・ゆゆ)
外崎騎士(そとざき・きし)
筒塚司(つつづか・つかさ)
筒塚翼(つつづか・つばさ)