読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Note No.6

小説置場

エトラテ・ヘリイ・ スロウシュ Etlat Heliy Srowsh

「神々の詩」

「静謐の瑠璃」「青色預言者」「漠し覚醒者」

年齢 14歳
性別 男性
体格 141cm 36kg
一人称
所属 ラーレイアの子供
生年月日 春の明るい朝
外見 樺茶色(赤みの茶色)の髪、瑠璃色(紫みの青)の瞳。指通りの良い髪で、艶もある。全体的な造作が丸い。外に出ないため肌は白い。
雰囲気 いたいけな風情があり、か弱さを体現している。
服装 絹で作られた上等な服。基本的に、染色や装飾が施されている。裾の長い筒型衣を着ていることが多い。(旅装は長袖とズボン)
家族構成 不明。イエジッド・ウィーデン・マジュレ・ハロヴェルに育てられる。
成育歴 クリファ地帯で生まれ育つ。14歳の時、ハロヴェルと共にクリファから出た際、馬車事故に遭って一人だけ生き残った。

クリファ地帯:国一番の歓楽街。全ての快楽が叶えられる。
表面上はただの歓楽街である上層部、クリファ地帯の中枢にあたり多くの娯楽が共栄する中心部、特定の人間しか存在を知らず、立ち入りを許された人間はわずか一握りという最深部の三つに分かれている。スロウは最深部で生まれ育つ。

【性質】

性格 操り人形は笑う
全てを諦めており、流されるままに生きている。人の言うことに従順で抵抗しない。波風を立てないよう、常に笑顔。
長所 聡明。知識豊富。頭の回転が早く、口が上手い。
短所 諦めが早すぎる。簡単に人の言う通りになる。
弱点 壊滅的に体力がない。腕力などに出られると、確実に負ける。
モットー 「望みなんて、最初から持たなければいい」
趣味 読書。
好き 書籍。知識。静かな部屋。
嫌い (一応不快に感じるもの)痛み、意志に関わらない快楽。
戦い方 笑顔で全てを煙に巻く。口八丁手八丁を駆使し、腕力勝負を避ける。
尊敬する人 作家全般。
許せない事 書籍を粗末に扱うことは、多少苛立ちを覚える模様。
秘密 望みも願いも持ちたいと、奥底で願っていること。
金銭使用例 欲がなく、必要なものは支給されるため、本当に使い道がない。

【性質分布】

楽天 悲観的
感情的 理性的
外交的 内向的
能動的 受動的
大雑把 細やか
軽率 慎重
度胸 気弱
正直 狡猾
素直 捻くれ
柔軟 頑固
粗暴 温和
ルーズ 厳格
寛容 狭量
他罰的 自罰的
利己的 犠牲的
諦める 拘る
自己肯定感 0 非常に低い

死ななかった理由:生死すらも自分の手から離れ、自殺することも許されなかった。結果全てを諦めて、ただ流されるままに生命活動を続けている。